2015年01月31日

川浜高校が平成によみがえる!? 伏見工新校名。

京都府立伏見工業

昭和生まれの男性なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ラグビーの名門。
スクールウォーズのモデルになった学校。

子供の少子化の波はやはりすごいものがあります。
統合することになったようです。

ニュースをまとめると

全国高校ラグビー大会で4度優勝し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった京都市立伏見工業(伏見区)が今年、最後の入学試験を迎える。京都市立洛陽工業(南区)との統合が決まり、平成28月4月に「新しい工業高校」としてスタートするからだ。新高校は名称を検討中だが、ドラマで使われた架空の校名「川浜高校」を−というアイデアも寄せられている。一方で、人気少女漫画に登場する制服のデザインを採用するなど、男女双方へのアピールを強く意識している。

川浜高校のほうが、オールドファンとしてはうれしいなあ。

伏見洛陽高校とかでも無難かもしれませんが。。。
川浜がいいなあ。
できればラグビー部のユニフォームもイソップ作成のあのユニフォームがいいな。

っていう意見を多数殺到させれば採用されないでしょうか京都府に。

やはり京都は日本の都。歴史の重みが東京とは違う、とスクールウォーズと直接は関係ないですが、日本史好きとしては、改めて感じたニュースでした。
posted by トレンドさん。 at 21:11| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

もはや戦後ではない。それがわかるプラモデル。

男性の読者さんなら
一度は作ったことがあるであろうものが

プラモデル。

ガンプラでもいいですし、軍隊もののタミヤでもいいですし。
私はどちらも作りました。

作ってる間は時間を忘れちゃいます。
今ではその代わり?にスマホをいじる時間が増えているかと思いますが、手先を動かすというのはボケ防止含め、メリット多数。

今年最後の記事がこれかよ、と思われるかもしれませんが、年末年始、たまにはスマホを放してみるのもよいかと思います。

俗にいう

「どっちが携帯されてるんだかわからない」状態を、ひつじどしに変えてみませんか?

posted by トレンドさん。 at 20:30| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

松岡修造企画・その1! 自力本願を目指せるのがこの本です。

松岡修造。

熱いですよね。

テニスといえば錦織圭。
ですが、私の世代は、クルムがつかない伊達公子、そして松岡修造です。

そんな修造ですが、テレビ朝日の「Get Sport」で、『修造チャレンジ』というテニススクールの映像を見たことがあります。

とにかく印象的だったのが

言霊 をすごく意識しているところ。

ネガティブなことはいっさい言いません。
言い方がきついかなと思うときもありますが、本人のためを思ってなんとか伝わってほしい、という熱意が伝わります。

そんな修造の思考回路が垣間見えるのが、

人生を変える修造思考!

です。

書いてある内容ですが、他の自己啓発本と違うところが多々あります。

親近感じゃないですが、日常生活で心がけていることをたんたんと書いてあるんですが、普通の人はまずやってないことをカレは実践しています。

自分を変えたければ自分から。

自力本願。

それが学べます。

よく「環境を変えるのがいい」といいますが、環境をいくら変えても自分が変わりたいと思わない限り、結局意味ないですよね。

そういう意味でも年末年始、ぜひ一読したい1冊です。

posted by トレンドさん。 at 18:12| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。