2015年11月28日

TOEIC久々10年ぶりに改定。難しくなるよねー。

ごちゃごちゃわたしが語るより、まずは読んでほしい。
以下は引用。

英語によるコミュニケーション能力を測定する「TOEICテスト」の出題形式が、2016年5月から一部変更されることになった。

 TOEICテストは1979年に第1回公開テストを実施。06年に出題形式が大幅改訂されており、今回は10年ぶり2度目の大改訂となる。日本では人事考課の要件として採用している企業も多く、年間延べ240万人(14年度)が受験するテストなだけに、注目度は高い。11月15日、日本の運営元である国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が都内で記者発表を行い、開発元であるETS(米国ニュージャージー州)のフィリップ・エバーソン博士らが詳細を説明した。

 それによると、16年のTOEICテストからは、3人以上の人物による会話問題、音声で聞いた内容と問題用紙に印刷された図表を関連づけて答えさせる問題、「インスタントメッセージ(チャット)」など近年利用されるようになったツールで複数名がやり取りを行う問題などを新たに採用。これまでに比べて、より実践的かつ日常的なコミュニケーション能力が測れるよう工夫が施されているという。

 そのうえで「リスニングセクション(45分間・100問・5〜495点)とリーディングセクション(75分間・100問・5〜495点)から成るテストのレイアウトはこれまで通り。調査・検証を重ねて、難易度に変化が生じないよう設計されており、これまでのスコアと新たなスコアは同じ評価となります」(IIBC R&D室長・三橋峰夫氏)と、テストとしての質や一貫性が担保されていることが強調された。

いままでの攻略本が無に帰すことになるレベルの改定。
まあ攻略本で得点できる資格がはたして語学力とイコールといえるかは正直わからないけど、いずれにしても今まで高得点だった人がおそらく落ちる、あるいは、今まで取れなかった人が逆に得点があがる、という逆転がありそうな予感。

おれがこれ、使ってたけど来年以降は役に立たなくなるんかな。

posted by トレンドさん。 at 22:50| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。