2015年09月27日

鶴竜、2度の変化にネットも場内も騒然!横綱の器にあらず?

横綱の器。
定義がないだけに難しいところですが、ひとつだけ言えるのは、横綱は「勝って当たり前」のポジションだと位置づけられていること。

そう考えると立会いの変化がどうこうは、正直どうでもいい気がする。
真正面から挑んで負けたら負けたで「弱すぎる」「横綱やめろ」と騒ぐに決まっているので。

とはいえ、見ているほうがしらけてしまう相撲はやはり横綱なら取るべきじゃないよなあと。
まあ歴代の横綱と比較しないで、今の横綱はこんなもんか、くらいに見ておいたほうがいい気はします。
そうそう出てくる横綱にみんなに器や品格があるとも正直思えないので。

ここまでブーイングされることではないと思うけれど、そもそも前日までに2敗もしている時点で、かなりのあせりはあったのではないか、とわたしは思いました。

以下は引用です。

 結びの一番。時間いっぱいとなり、国技館全体の熱気は最高潮に。稀勢の里が勢いよく鶴竜にぶつかろうとすると、横綱がまさかの変化。その直後に立ち合い不成立で取り直したが、またも鶴竜が変化。“2度の変化”に戸惑った稀勢の里は一度体勢を持ち直すも寄り倒しで負け、鶴竜は2敗を死守した。

 しかし、横綱らしくない取組に場内は騒然。ネットでは「何が何でも勝ちたいと思う鶴竜の変化を評価したい」という声もあったが、「格下に変化ばっかりしてるなんて…横綱の器じゃない」「横綱やめてくれ」「残念すぎて開いた口が塞がらない」「一気にヒール役になった気が…」など鶴竜への辛らつなコメントが続いた。

横綱はヒールくらいがちょうどいい。
こびる横綱はつまらない。

とは思うので、ヒールならヒールで今後もがんばってほしい。

posted by トレンドさん。 at 19:41| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。