2015年08月28日

「コサイン教えて何になる」@鹿児島県知事の名言?

鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、27日に開かれた県の総合教育会議で、
女性の高校教育のあり方について、

「高校でサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」
「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」
と述べていたことが分かった。

知事は28日の定例記者会見で「口が滑った。女性を蔑視しようということではない」と
発言を撤回する考えを示した。

個人的には同意なんだけども。。。
女性限定じゃなく、男性も含め三角関数は微妙。
かといって植物の花の名前は小学生でいいとは思うから、まあ失言といえば失言なのかな。

役に立つか立たないかは個人によるので、全否定はしないけれど。
理系の進学考えている人や、就職先がそっち系の人には不可欠な知識だとは思うコサインも。

とはいえ、おれは文系。
かつ、大学入ってからいままで1度も三角関数は使っていない。
しいていえば、塾講師だったので、教えるときに仕方なく、という程度。

いらないよね・・・
必修にする必要があるのかは正直微妙。

国語増やしたほうがいいと個人的には。
日本語話せない日本人が多い気がする。

というわけで、今日は鹿児島ネタを


posted by トレンドさん。 at 20:36| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。