2015年07月24日

近畿大学水産研究所が熱い・暑い!

近畿大学水産研究所。

庶民には縁もゆかりもない研究所ですよね。
ところが、、、

食事できるんですよねここ。

ニュースはこちらです。

 近畿大学は食品工場で余った中華めんやチョコレートをエサにして霜降りの豚肉を効率的に生産する技術開発に成功したと発表しました。

 土用の丑の24日、大阪にある飲食店「近畿大学水産研究所」では長蛇の列ができました。

 お目当てはうなぎ・・・ではなく、なまずの御重です。

 うなぎ味のなまずは、近畿大学農学部の研究グループが世界で初めて開発。

 独自で配合したエサをなまずに与えると脂身が増え弾力のある肉質になったということです。

なまずがうなぎに見える。。。
食感も味もうなぎにけっこう近いみたい。

学力ってのはこういうところに活かしたいよなあと思う内容だったので、今日はとりあげました。
三平方の定理なんて知ってても人生、使わなくね?

というわけで、今日は近畿大学コラボのコレをチェックしておきましょう
↓クリックしてみてね。
posted by トレンドさん。 at 21:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。