2014年08月13日

指示はシンプルイズベスト。。。まさかのサヨナラ負け。

 和歌山大会5試合で3失策と堅守の市和歌山に思わぬ“落とし穴”が待っていた。1―1の延長12回1死一、三塁。絶対絶命のピンチで、ベンチの指示は「本塁で刺すか、状況次第で二塁、一塁での併殺」。これが二塁手・山根の判断を惑わせた。

 詰まった当たりが山根の前に転がる。半田監督が「守備はピカ一」と評価する二塁手は和歌山大会で無失策、この試合でも2つの併殺を完成させ、先発の赤尾を盛り立てていた。だが、緊迫した場面で微妙に変化した打球に慌てた山根は本塁でも二塁でもなく、一塁に送球していた。

今日の甲子園です。

冷静に考えれば「ありえないミス」かもしれません。
ですが、監督の指示がいただけない。

状況次第で、ってのがいちばんやっちゃいけないパターン。

ゲッツー取るためには、ショート、セカンド、ファースト含め、連携がとれないとムリ。
しかも1対1の緊迫した場面で、ゲッツー狙いはやっちゃだめだと思う。
理想は確かにそうかもしれないけれど、バウンドがちょっと変わっただけでもパニックになってしまいますよねこの状況じゃ。

だから選手は責められない。
もちろんホームに返球したあとに結局サヨナラだったかもしれない。
でも、防げたミスだし、あの選手は一生背負うかもしれない。

そう思うと、とにかくかわいそうの一言。
いい試合だっただけに。


posted by トレンドさん。 at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

甲子園には魔物が住んでいる。初回8点先行でまさかの大逆転負け。藤代高校。

初回だったのがいけなかったんでしょうか。
油断、じゃないですが、野球は27個アウトをとらないと基本的には勝てないスポーツ。

普通は8点リードなら負けないんですが。
茨城といえば常総学院が浮かぶ世代なので、ちょっと古いのかな。

わたしの母校は26年前に夏の甲子園に出場し、1回戦で敗退。
7対4で負けました。

負けた相手は結局準優勝で、ハズレ1位でロッテに入団。
その後、中日⇒巨人と渡り歩き、今何をやってるかは知りません。

まあプロに指名される投手から4点取れた、と考えれば健闘だったのかも。

ちなみに記事はシンプルにこんな感じ。

まさかまさかの連続だった。3年ぶり3回目出場の藤代(茨城)は初回に大量8点を先行しながら大垣日大(岐阜)に10―12で大逆転負け。2005年夏以来9年ぶりの甲子園1勝はならなかった。

今週はお盆です。
お子さんがやりたいこと、体験したいことをぜひやらせてあげたいですね。
posted by トレンドさん。 at 23:46| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

長崎原爆の日。

1日過ぎてしまいましたが。

8月6日 広島に原爆投下
8月9日 長崎に原爆投下
その後ソ連の参戦を経て・・・
8月15日 ポツダム宣言受諾。

ということになるんですが、長崎は小倉についで第二候補。
もともと小倉上空で落とす予定が雲量が多かったことから、第二候補に変更になった、と。

小倉であれ長崎であれ
無辜の民が犠牲になる事実は変わりません。

日露戦争のときには、引き際を決めて戦っていました。
国力が明らかに違うロシア相手に、長期戦では勝てない。
短期で圧勝して世界に知らしめたあと、すぐ講和に第三国を入れて持っていく。

これが功を奏して?結果アメリカの仲介でポーツマス条約が結ばれました。
日比谷公会堂で焼き討ち事件があったように

賠償金がとれなかった

のが問題になりましたが、冷静に分析すると

そもそもロシアに勝ったわけではない。ロシアが降参・降伏したわけでもない。

だから当然賠償金は取れない。

とはいえ当時はネットもなにもない時代。

新聞ラジオに連戦連勝をあおられたあげく、賠償金0では怒り狂うのも当然です。

と話はそれましたが、ようは

引き際を決めずに戦ったあげくが、この結果。

ということになるかと思います。

日露戦争時と同じく、前半はリードしていたわけです戦況。
そこで手打ちにすればよかったものを、慢心?過信があったのでしょう。

とまらずに突っ走りました。
原油の輸入がとめられた時点で、国力が約700倍も違う相手にけんかを売った以上、長期戦になればこうなることくらいは、予想はついたはず。

A級戦犯とか、他国に裁かれるのも納得しかねるところもありますが、

自国で裁いたとしても戦犯はいたはずです。

日本は戦後70年近く、総括をきちんとしていない印象があります。

極東軍事裁判でけりがついた=この話は終わり

みたいな流れになっている印象もあります。

もうすぐ終戦記念日。

考えるいい機会ではないでしょうか。

posted by トレンドさん。 at 22:27| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。