2014年07月12日

ひとりハニートラップ?ヒョウ柄のアイコ。

あえて「教育」のカテゴリーに入れましたコレ。

昨年12月下旬、神容疑者の関与が疑われる昏睡強盗の被害に遭った世田谷区の30歳代男性が読売新聞の取材に応じた。

 男性は渋谷区のそば屋で、ヒョウ柄の帽子をかぶり、「アイコ」を名乗る女に「乾杯しましょう」と声をかけられた。意気投合し、店を出た後、男性の部屋で酒を飲み直すことになった。

 その途中、女が「一気に飲もう」とふたの開いた滋養強壮剤の瓶を差し出したため、これを飲み干したところ記憶を失った。

 目が覚めると、すでに女の姿はなかった。机の引き出しが開けられ、カバンの中身も外に散らばっており、室内にあった現金約30万円などが消えていた。

 男性は警視庁に通報。尿検査を受けると睡眠導入剤が検出された。男性は「滋養強壮剤に薬を入れられたのだと思う。簡単にだまされて情けない気持ちで、金銭的にも大きな痛手を負った」と憤った。

憤るのはいいんだけど。
自己責任じゃないすかねこれ。
ここまであっさりだまされたら、逆にさわやかじゃないかと。
まさに「高い授業料」。

もちろん睡眠導入剤を混入するほうが悪いんだけど、こんなのにひっかかる男もどうなんでしょ。
滋養強壮剤なんて。。。
ヤル気満々じゃないすか。

posted by トレンドさん。 at 17:19| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。